畳の構造

畳の構造

HOME > 畳の構造

畳の構造について

畳は稲わらなどで作られてる土台になる畳床(たたみどこ)、い草で作られてる表面に見える畳表(たたみおもて)、両サイドに縫い付ける畳縁(たたみへり)で構成されています。


畳 床
(たたみどこ)
畳床は大きく分けて「ワラ床」と「健材床」があります。ワラ床は保温性、調湿性があり木造家屋の和室に最適です。健在床はダニなどが発生しにくく、断熱効果がありますので、鉄筋・コンクリート製の家屋に適しています。
畳 表
(たたみおもて)
畳表は様々な種類があり、い草の品質や経糸(たていと)の種類によって特性や価格が変わってきます。高級なものは耐久性があり、日に焼けても均一に焼けて黄金色になります。お座敷・子供部屋など、お部屋の特性に合わせて畳を選ぶのがポイントです。
畳 縁
(たたみへり)
畳縁は色・柄・素材、様々な種類があり、畳のデザイン性を高めます。また、畳表の端部を保護し、耐久性を高める役割もあります。 お好みに合わせてお選びいただけます。

畳のサイズ

畳は、地域によって大きさに違いがあります。

本間間
(ほんけんま)
191cm×95.5cm
(6尺3寸×3尺1寸5分)
長さが6.3尺あるところから六三間ともいう。関西の京都、大阪、紀州から中国、四国、九州に多く、一般に京間(きょうま)と呼ばれる。
五八間
(ごはちま)
176cm×88cm
(5尺8寸×2尺9寸)
関東、東北、北海道など東日本の大部分を占めていますが、現在ではほとんど全国的に散在しています。江戸間(えどま)、田舎間(いなかま)と呼ばれる。
三六間
(さぶろくま)
182cm×91cm
(6尺×3尺)
名古屋、岐阜地方を主とし、福島、山形、岩手や北陸地方の一部と沖縄、奄美大島に分布している。
団地間
(だんちま)
170cm×85cm
(5尺6寸×2尺8寸)
五六間ともいう。近年新築された家屋に多く、特に団地に多いことから、このように呼ばれる。
(※畳寸法:長さ×幅)

前のページに戻る
  • 対応実績

畳のイチオカ
〒577-0809
大阪府東大阪市永和3-2-12
TEL:06-6721-3669
FAX:06-6721-3689